検査で学ぶ。お医者さんとのコミュニケーション
Part 3.診察と検査の結果を踏まえて診断

監修杏林大学医学部 腎臓・リウマチ膠原病内科 准教授 岸本暢将 先生

  • 関節リウマチの初診の流れ
  • Part 1.医師による診察
  • Part 2.関節リウマチの検査
  • Part 3.診察と検査の結果を踏まえて診断

関節リウマチは、全身のさまざまな関節に痛みや腫れをもたらす病気です。朝、起きたときに関節を動かしにくい(こわばる)、手や足の関節が腫れている、このような状態があるようでしたら、早めに病院で先生に相談しましょう。症状が軽いうちに適切な治療を開始することが重要です。

◆診察

医師は診察や検査から得た情報をもとに、総合的に判断して関節リウマチの診断をします。分からないことや心配ごとがあれば、遠慮せずに聞きましょう。

関節リウマチなのかどうか、早く知りたいです!

お気持ちはよくわかります。1回の受診で関節リウマチと診断されることもありますが、特に初期では症状がはっきりしないこともあり、1回で診断できないこともあります。関節リウマチかと思ったら、別の病気であるケースもあるので、慎重に判断していきます。

【リウマチ専門医からのメッセージ】