運動の仕方

監修横浜総合病院 リウマチケア看護師 小林恵 先生
聖隷横浜病院 リウマチ・膠原病センター長 山田秀裕 先生



運動の仕方

  • 関節や筋肉を動かすことは、運動機能の維持や関節の保護につながります。
  • 主治医に関節の動く範囲(可動域)を確認してもらい、「どの運動を、どの程度行うのか」を相談しておきましょう。
  • 運動を行う際には、無理をしないことが大切です。適度に休憩をとりながら行います。勢いや反動はつけずにゆっくりとした動作を心がけましょう。
  • リウマチ体操を行う際には、大きな関節から小さい関節へと動かしていきます。

肩の上げ下げ

1ゆっくり肩を耳に
近づけるように上げます。

2ゆっくり肩を下ろします。

12 くり返します。
ポイント体操中は息を止めずに行いましょう。

腕のひねり

1小さく前にならえの構えから、 親指を立てて、 軽くこぶしをにぎります。

2手のひらが上に向く ように外側に回します。

23 くり返します。

3手のひらが下に向く ように内側に回します。

ポイントゆっくりと無理をしない範囲、速度で行います。

指を立てることが難しい場合は、手のひらを
裏表にかえすように行うとよいでしょう。

手首の上げ下げ

1手のひらを下に小さく前に 構えてから、手を下にたらします。

2手を上にそらせます。

12 くり返します。
ポイント手首を軸にして、手のひらを上下に動かします。

指の曲げ伸ばし

1手のひらを正面に向けて、 大きく広げます。

2指を握ります。

12 くり返します。

手を正面に向けるのが難しい場合は、
下ろした状態で行ってください。

指折り

手のひらを正面に向け、親指から順番に指を折り、手を握っていきます。 全て握ったら、小指から順に指を開いていきます。

指の間の開閉

1手のひらを正面に向けて 大きく広げます。

2指の間を閉じます。

12 くり返します。

途中で休憩をとりながら行います。無理をしないことが大切です。

各運動をくり返す回数は、主治医又は看護師、作業療法士に相談しましょう。

足の上げ下げ

1イスにしっかり腰をかけ、足を引き上げながら体に近づけます。
このとき両手を膝に添えます。

2ゆっくりと足を下ろします。

左右交互に12 くり返します。
ポイントゆっくりと無理のない範囲、速度で行います。

つま先の上げ下げ

1イスに浅く腰をかけ、 足を少し前の位置におきます。

2つま先を上げて下ろします。

12 くり返します。
ポイント膝を曲げすぎないようにします。

かかとの上げ下げ

1イスに浅く腰をかけ、足を膝よりも 少し後ろの位置におきます。

2かかとを上げて下ろします。

12 くり返します。

運動終了後に、関節の痛みが残ってしまった場合には翌日の運動量を減らす、お休みするなど体調に合わせて行いましょう。

気になることがあれば主治医又は看護師、作業療法士に相談しましょう。

ウォーキングを行う際にチェックしてみましょう!

ウォーキングは気軽にできる運動です。ウォーキングを始める前に歩きやすい服装かを確認しましょう。また、関節の痛みや違和感があれば、次回の受診時に主治医又は看護師に相談しましょう。

  • ふらつくことがある
関節が痛くなることがある
  • 股関節
  • その他
関節をしめつけず、楽に動ける服装を選びましょう。
バッグは、手提げよりも肩にかけるタイプの方が、関節の負担を軽減できます。
靴は、かかとが低く、厚いものを選びましょう。 靴底がやわらかく、土踏まずのアーチを 支えてくれるスニーカーがおすすめです。

関節リウマチ患者と家族のための 生活を楽しむ知恵と技(植木幸孝監). p90-109.羊土社, 2018