関節リウマチの症状1)

監修理化学研究所 生命医科学研究センター 副センター長 東京大学 名誉教授 山本 一彦 先生

関節の痛みや腫れ

関節リウマチの主な症状は、関節の痛みや腫れです。また、左手の関節が腫れたら右手の関節も腫れた、というように、左右の関節で対称的に症状があらわれることがあります。治療せずに放置しておくと、関節や骨がこわれて変形し、日常生活での動作に支障が生じることがあります。

朝のこわばり

関節リウマチでは、朝起きてからしばらく手を動かしにくい、足がうまく動かない、ということがよくあります。これは「朝のこわばり」とよばれる症状です。

疲れやすい/だるい

関節リウマチでは、疲れやすい、だるいといったからだ全体の症状がみられることがあります。

気になる症状があれば、早めに専門医に相談しましょう

参考文献

  • 1) 松田剛正他: 関節リウマチのトータルマネジメント.(公財)日本リウマチ財団 監, p20-96, p102-126, 医歯薬出版, 2011