関節リウマチとは
関節リウマチとは、どんな病気ですか?

関節リウマチは手指や膝など、全身の関節に腫れや痛みが生じて、関節がうまく動かせなくなる病気です。関節の腫れや痛みなど、いわゆる関節炎の症状が強くなると、ものをつかむ、持ち上げる、歩く、座る、といった日常生活にも困難をきたします。また、朝のこわばりといって、朝、手指などの関節がこわばるため、思うように起き上がれない、動けない、といった症状がしばしばみられます。

関節リウマチの症状が進むと、関節が破壊され、変形することもあります。このため、早いうちに専門医の診察を受け、適切な治療を受けることが大切です。

監修:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー) 教授 住田 孝之 先生